太平洋とトンビ 2009年8月11日

 私は、2階の南の端に位置する「空白のステージ」から、太平洋の大海原を眺めるのが大好きです。
 ここは、当館の最後の「展示物」といわれる太平洋の生の眺望、龍馬が見た海が楽しめる場所。
 そんな景色の中でも、一番のお気に入りは、どこからともなくやって来て、沖からの浜風に乗って気持ちよさそうに舞うトンビの姿。
まさに、雄大、美しいの一言です。
日々のいやなこと、煩わしいことを忘れ、自分自身が鳥になったように思える瞬間、いつまでも見続けていたい絵画のような光景です。
 いつでも見ることができるという訳ではありませんが、皆様にもこの場所で、あるいは、屋外の「八策の広場」で、是非見ていただきたい当館自慢の景色です。
皆様も、時間がゆっくり流れるこの光景に出会いに、是非、お越しください。
お待ちしています。