龍馬の笑顔は? 2009年9月10日

ミュージアムショップの風景 ミュージアムショップで龍馬グッズをあれこれ手にとってみていた若い女性。ずいぶん迷ったあげく購入したのは、クリアファイルでも携帯ストラップでもなく、龍馬の手紙を現代語訳した本「龍馬書簡集」。龍馬の心がわかる物。
最近心なしか来館される方の展示の見方が変わってきているような・・・。
展示ケースの中の龍馬の手紙一つ一つの前に人が立ち、熱心に見つめる姿。低いケースにはひじをつきながら読みふけっている様子。展示を見せられているのではなく、積極的に見ている感じ。「龍馬を知りたい!」そんな熱意のようなものが館内のそこここから伝わってくる。
昔も今も多くの人々の心をとらえる龍馬の魅力。物事を客観的かつ公平に見極める目、的確な状況判断と行動力。そして何より人をいつくしみ、敬い、共に手を携えることの大切さを知っている。茶目っ気もあり憎めない。
誰もが知っている龍馬の顔。6枚あるどの写真も彼は無表情。視線は遠くに向けられ、正面向きの写真でさえ見る側と目が合わない気がする。共に生きた人々が彼を思う時真っ先に浮かぶのはどんな表情だったのだろう。今私が「知りたい!」のは龍馬の笑顔!