梅の花が咲きました。 2010年1月13日

梅の花龍馬記念館の受付ホールにある梅の花が今満開です。

この梅の花は、1月12日より始まった「龍馬のルーツ展」に合わせて
龍馬の先祖が住んでいた高知県南国市の”才谷”の方がお持ちくださったものです。
南国市の才谷には、坂本家の初代・太郎五郎、2代・彦三郎、3代・太郎左衛門の墓があり、龍馬ゆかりの地として地域興しに力を入れている元気いっぱいの町です。

「才谷梅太郎」という名前をご存知でしょうか?
坂本龍馬の”変名”のひとつです。
西郷伊三郎、取巻抜六など、様々な変名を持つ龍馬ですが、
他の変名とは一風違ったこの変名は、
自らの故郷である才谷村に咲く梅の花を思い浮かべながら付けた名前なのです。
日本中を駆け回っていた龍馬の心には、いつも故郷の土佐があったということでしょう。

1月11日の展示替えのときには
蕾が硬く閉じているように見えたこの梅の花。
「本当に咲くろぅかねぇ。」
と言いながら眺めてから2日後の今日、
紅色の可愛らしい花を一気に咲かせました。

今朝の高知の最低気温は「マイナス2度」。
高知で0度以下になることは、一冬にそう何回もないことです。
そんな寒い寒い朝に、龍馬の梅が花を咲かせました。

どうぞ皆さん、ひと足早いお花見に龍馬記念館へお越しください。