自転車のすすめ 2010年4月4日

ブログをご覧の皆さん、はじめまして。

新入の事務職員にして元介護士という一風変わった経歴の髭です。
これからときどきこのブログに書き込みますので、どうぞお見知りおきのほどを。

早速の私事な記事なのですが、自転車で坂本龍馬記念館に通勤を始めておよそ2ヶ月。錆び付いてなまっていた体も引き締まってきました。
チェーンとギアのコマのひとつひとつがしっかりと噛み合ってタイヤを回し自転車を押し進めるように、館の一員として運営上の役割をこなせるように……なっているのでしょうか。うん、どうやらなっているようです。

さて、何も自転車記念館に来ているのは僕だけではありません。。

近頃、特に休日に目立つのですが、自転車で来館される方が増えてきました。
どうやら全国的な自転車ブームが反映されているようです。

当館への道のりは歩道も車道も狭い浦戸大橋や比較的急な坂が続き、必ずしも楽々気軽な行程とはいきませんが、高台に到着し地面に降り立って浴びる日差しと潮風は格別です。
てっぺんからの展望だけでなく、道すがら崖越し木々越しに見下ろす桂浜も、自転車ならば歩道に停まりゆっくり楽しむことができます。

現在はスポーツタイプの自転車で来館される人が目立ちますが、切り替え付きの軽快車ならば比較的楽に坂道を上ってこれるはずです。
それでもつらいと感じたときや、普通のママチャリなどに乗ってこられるなら、自転車を降りて押しながらのんびり歩くのも悪くないと思います。それほど長い道のりではない……はずです。

渋滞知らずの乗り物でもありますし、一度は自転車で当館に足を運ばれるのも一興ではないでしょうか。

東方面から来られる方は、回り道になりますが大橋を渡らず県営渡船を利用されると比較的道が広いのでおすすめですよ。