虎太郎展オススメの逸品 2011年2月1日

血染めの肌襦袢龍馬の先を駆けた男-「吉村虎太郎」展、好評開催中です☆
今回は、虎太郎展のオススメ資料をご紹介します。

「吉村虎太郎の血染めの肌襦袢」です。
文久3年(1863)8月26日、吉村虎太郎は高取城下へ夜襲をかけた際、
味方が発砲した弾が誤って虎太郎に当たり負傷します。
そのときに虎太郎が着用していた肌襦袢が現在まで残っています。
レプリカはときどき目にすることができますが、
今回は個人の方が所蔵されている
真物をお借りして展示しています。

この肌襦袢、これまでは写真でも展示でも、
「尽忠報国 土州士 吉村重郷」と書かれた(重郷は虎太郎の諱)
背中側が展示されることがほとんどでした。
ところが、今回資料をお借りしてじっくり見せていただくと、
前身頃に銃弾の跡かと思われる穴が空いていることが分かりました。
穴の周りは少し黒ずんだシミがあって、血痕ではないかと思われます。
背中側には穴が空いていません(虫食いではないということです)。
虎太郎に当たった弾は貫通せずに体内にとどまっていて、
後日、摘出手術をおこなったとの記録があります。
この穴は虎太郎が撃たれた跡かもしれないのです!
今回は、あえて前側を展示していますので、
ぜひ、実際にご自分の目で確認していただき、
148年前の虎太郎に思いを馳せてみてください。

資料借用にお伺いした学芸員さんが
「久々に資料を見て身震いした!!」
という逸品です!
この機会にぜひ実際にご覧ください。

そして、いよいよ農村歌舞伎がやってきます☆
———————————————————
★高知県津野町高野農村歌舞伎「虎太郎魁大和錦」
★2月5日(土) 18:00(開場は17:30)
★高知市春野文化ホールピアステージ
★入場無料
———————————————————-♪