今年の漢字は 2013年12月16日

シェイクハンド龍馬像と心をつなごうの看板今年の世相を表す漢字が発表されました。
「輪」(リン/わ)。
富士山の世界遺産登録や2020年東京オリンピック開催決定で
“日本中が「輪」になって歓喜にわいた年”
台風や集中豪雨による自然災害に多くの支援が集まり
“人とのつながりの「輪」を感じた年”
というのが理由のようです。

さて、今年の龍馬記念館を表す漢字は…
「進」ではないでしょうか。
前進するという意味です。
8月には第1回目の夏休み子ども龍馬フォーラムを開催。
これからの時代を担う子ども達から様々な意見が出されました。
11月には2回目となるレッツゴー!ハンドインハンドを開催。
これは1人1人の力は小さくても、みんなで手をつないで力を合わせることで
一歩前進する勇気をもてる!皆で前進しよう!というイベント。
県道を封鎖してのイベントです。警察から許可された時間はわずか2分でした。
そのわずか2分間のイベントに参加するため、遠くは北海道から、
また2ヶ月の赤ちゃんから90歳のお年寄りまで615人が集まってくれました。
615人がつながった瞬間というのは、参加した人にしか分からない、
何とも言えない感動に包まれます。思わずグッとくるのです。
世の中捨てたもんじゃない、明日からまた頑張ろう!と思わせてくれるのです。
まさに一歩前進。

博物館の役割は、資料を収集、展示、保存するとともに、
公平かつ冷静な視点で歴史を見つめ、研究し、
正しい歴史を後世に伝えていくことだと思います。
しかし、ここは坂本龍馬の記念館!
ただ伝えていくだけではなく、
この時代の龍馬となる人材を育てていくことも
また大切なのではないでしょうか。
新館開設のリニューアル検討委員会も立ち上がりました。
動き始めています。
いろんな意味を込めて「進」です。

私個人的には「病」。
家族の入院が相次ぎ、不安と看病の一年でした。
来年は「穏」(おだやか)の一年になればと心から願います。

今年もあとわずか!
風邪などひかないよう気をひきしめて過ごしましょう。

************:************
龍馬記念館は年末年始も通常通り開館しております。
皆様のご来館心よりお待ち申し上げます。
*************************