上り藤・下り藤 2014年1月28日

寒い日が続いています。
ある朝起きると部屋の温度が8度になっていて、思わず笑ってしまいました・・・(^_^;)
わが家は暖房を使わないので、寒さ対策は”重ね着”です。
寝るときは、あったかインナーからダウンベスト、フリースまで5枚重ね。
フードもかぶってマスクをして、湯たんぽを抱いて寝れば朝までぐっすりです。
どれかを忘れると寒くて目が覚めます。

今の時期はのど飴も必須アイテムです。
先日、気になって購入したのど飴にこんなマークが入っていました。

のど飴パッケージ

「下り藤」です。

私の大好きな幕末の志士・吉村虎太郎の家紋は「上り藤」。

上り藤

これだけでテンションが上がってしまいました。

さて、当館では今月25日より「天誅組の変150年」展を開催しています。
天誅組には吉村虎太郎をはじめ19名の土佐浪士が参加していましたが、
明治まで生き延びたのはわずか1名。
~「土佐の人は薩摩の芋畑、長州のみかん畑を肥やした」とは、のちの徳富蘇峰の言ですが、
蘇峰の言う通り、天誅組の変にはじまり土佐勤王党の弾圧、龍馬・慎太郎の暗殺に至る まで、
多くの土佐人が新しい時代の到来を待たず命を落としました。
このような維新史に関わる土佐の人々の事績を掘り起こすのも、
当館の果たすべき重要な役割のひとつと考えます。
(「天誅組の変150年」展 ごあいさつより)~

今回の企画展は、ひとりの吉村虎太郎ファンとしてとても楽しみにしていました。
そして、このごあいさつを読んだとき、本当に感動して心が熱くなりました。
「天誅組の変150年」展おすすめです☆
ぜひ多くの方にご覧いただきたいと思います。
皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

**************************
「天誅組の変150年」展
開催期間:平成26年1月25日(土)~3月31日(月)
開館時間:9:00~17:00
入館料:一般500円(高校生以下無料)
問い合わせ:高知県立坂本龍馬記念館
高知市浦戸城山830(088-841-0001)
**************************