龍馬と寅さん 2014年3月26日

坂本龍馬肖像写真桜が咲き、日中は暖かく過ごしやすくなってきました。
それでもやはり朝晩はまだ寒さが身にしみます。

最近の私の楽しみは、家で映画『男はつらいよ』を観ること。
昨日、寅さんを観ていたとき、
龍馬と寅さんの共通点に気が付きました。

寅さんは左の眉頭に、龍馬は左の眉尻に、
2人とも眉毛に大きなイボがあるのです。
龍馬の写真をよく見ると左の眉が途中で切れているように
見えますが、そこにはイボがあったというわけです。
妻のお龍も「龍馬は眉の上に大きなイボがあり、
顔にはホクロがボツボツあった」と語っていますし、
親戚関係で仲の良かった武市からは”あざ”と呼ばれて
いたことが記録に残っています。
あざとはホクロのことです。
ちなみに、龍馬は武市のことを”あぎ”と呼んでいたそうで、あぎはアゴという意味。
なるほど武市の肖像画を見ると立派なアゴをしています。

今回は葛飾柴又の寅さんの話でしたが、
土佐の虎さん”吉村虎太郎”が総裁を務めた天誅組の企画展も残りわずか。
複雑な幕末の流れが非常に分かりやすくまとめられていて必見です!
ぜひご覧ください。