親子で楽しむ龍馬記念館☆ 2014年7月19日

今日から夏休み♪
家族で出かける計画を立てている方も多いかと思います。
龍馬記念館で現在開催中の企画展をご紹介します。

風刺画「東京雨天のつれづれ」

こちらの絵は、今回の企画展のポスターにもなっている
「東京雨天のつれづれ」。
受付前にはこの絵の大きな看板があり、
私たちも毎日この絵を見ています。
毎日眺めていると色んなことに気が付きます。

「真ん中のチェックの着物オシャレやねー」
「あっ、あの人の傘見て!山の下に内って書いちゅう!
『山内』って読むがやない?」
「ホントや。右側に土州屋って書いちゅうき、土佐の人やね」
「なんか、下の方の人の傘ボロボロやない?」
そんな会話をしつつ、学芸員さんからいただいた企画展の資料を見てみると、
この絵は戊辰戦争の戦況を表したものという説明が。
傘が破れていないのは新政府側、ボロボロなのは幕府側というわけ。
他にも着物の柄などから、どの藩か読み解くことができます。

まだ歴史の勉強をしていない小さな子どもさんでも、
絵を見て気づくことがたくさんあるのではないでしょうか。
子どもさんが気づいたことから、お父さんがどの藩か推理する…
そんな見方も楽しいと思います。
親子でお楽しみいただけるおススメの企画展です☆

*******************
「風刺画にみる幕末社会展」
・2014年7月4日(土)~10月3日(金)
・会期中休みなし
・高校生以下無料、一般500円
*******************