カステラと新婚旅行 2015年3月30日

さくら龍馬記念館へ続く道の桜が満開になりました。
桜のトンネルをくぐりながらの出勤です。

今から149年前の慶応2年(1866)3月
龍馬は妻のお龍と鹿児島を旅していました。
寺田屋で襲われてケガした龍馬に保養してもらおうと
薩摩の西郷隆盛や小松帯刀らが招待してくれたのです。
これが日本初の新婚旅行と言われています。

3月29日、龍馬とお龍は霧島山に登りました。
その際、小松が「山は御飯は禁物だから」と
2人に”カステラ”を持たせてくれます。
手を取り合いながら山を登った2人。
一息ついたところで一緒に食べたカステラは
どんなにか甘く美味しかったことでしょう。

カステラと言えば、NHK大河ドラマ『龍馬伝』の中で
龍馬が仲間たちとカステラを作る場面があります。
カステラ作りを指導するのはまんじゅう屋の長次郎。
長次郎「まず卵の白身をかき混ぜる」
龍馬 「かき混ぜる!」
長次郎「次に、黄味と砂糖を加えてかき混ぜる」
陽之助「かき混ぜる!」
長次郎「よう泡が立ったらうどん粉を加えてかき混ぜる」
惣之丞「かき混ぜてばっかりじゃ~」
そんなこんなで出来上がったカステラはパサパサでマズかったというオチですが、
私の一番好きなシーンです。

本日3月30日、龍馬とお龍は霧島温泉へ。
2人の新婚旅行はまだまだ続きます。