“ほいたら待ちゆうき”「森館長との10年」展

会期:2016年5月8日(日)~5月31日(火)

昨年11月15日は龍馬生誕180年のお祝いでした。
その矢先の11月2日、高知県立坂本龍馬記念館・森健志郎前館長が急逝。それから半年が経ちました。
2代目館長に就任してから10年余り。その活動はめざましく、記念館の企画展示や資料収集をはじめ、「海の見える・ぎゃらりい」の開設、「現代龍馬学会」の立ち上げ、「シェイクハンド龍馬像」建設。
「レッツゴー・ハンドインハンド」の催し、「終戦記念日に誓う!夏休み子ども・龍馬フォーラム」、さらに海外をも視野に入れ、アメリカでの龍馬フォーラムを実現させました。
抜群の企画力と行動力、幅広い人的関係を生かして、龍馬の顕彰と高知の活性化のために、森館長は疾走し続けたのでした。それは記念館が進化し続けた時間であったとも言えるでしょう。
記念館は2年後に新館オープンと現記念館のリニューアルオープンをします。森館長との10年を、進化して来た龍馬記念館の歴史としてご覧いただければ幸いです。

“あの笑顔がもんて(帰って)来たぜよ!”

有志実行委員会

ほいたら待ちゆうき森館長との10年展ポスター