「海の見える・ぎゃらりい 11年間の軌跡」展

会期:2017年1月11日(水)~3月31日(金)

“海の見える・ぎゃらりい“は、2005年11月5日、当館中2階の現在「談話室海窓」のスペースからスタートしました。作家の方たちと来館者の皆さまのおかげで、作品と太平洋を同時に見渡せるぎゃらりいとして、今回第115回目を迎えることが出来ました。本当に感謝申し上げます。
開設の目的は、県内作家の方々に作品を発表して頂き、その作品を県外からの入館者に鑑賞してもらいたいのと、館にとってそれまで疎遠だった地元入館者と龍馬理解者の増加が狙いでした。
11年の間、徐々に様変わりをして来たぎゃらりいですが、手作りの空間に変わりはありません。このぎゃらりいに、様々な作家の方たちが龍馬の世界をイメージした作品を展示されました。その繋がりは、“龍馬”の精神と魅力的な作品を通し育み広がり続けています。
展覧会では作家の方たちから寄せられた作品やメッセージと共に、ぎゃらりいの変遷を現した年表と展示写真、また「幕末写真館」展をきっかけに始まった「幕末の志士人気ベスト10」の結果発表などを展示します。
新たに生まれ変わる空間を迎えるために、海の見える・ぎゃらりいも3月31日で休館となります。走り続けてきた11年間の軌跡をどうかご覧ください。そして2018年、新しくなるこの場所でまたお会いしましょう。
どうもありがとうございました。

海の見える・ぎゃらりい11年間の軌跡展ポスター