土佐海援隊発行の「和英通韻伊呂波便覧」

以前、坂本竜馬が書き残した物の中に英語の発音について書かれたものがあるとテレビで見ました。例えば、竜馬はWATERをワラと読んだなどと紹介されていました。そのことが書かれている書物について教えてください。また、それについて書かれている本などがありましたら、ご紹介よろしくお願いいたします。
当館の展示物の中に、和英通韻伊呂波便覧(わえいつういんいろはべんらん)という本があります。発行は、龍馬もいた土佐海援隊ですが、発行年が慶応4年(明治元年・1868年)ですので、実際に龍馬は出来上がったこの本を見ていないはずですが、作る段階では眼を通しているかも知れません。この本は和英辞典のようなもので、ABCからはじまって、時計の見方、英語のことばなどをいれていますが、morning(朝)を「モネン」、evening(夕)を「エブネン」など、発音記号やふりがなつきで、わかりやすく大きな字で書かれています。なおこの本には、waterを「ワラ」と読む例は出てきませんが、ジョン万次郎の取調べの話に出てきたように思います。