人気者は・・・ 2007年2月20日

記念館の屋上。朝日を映して広がる美しい海を眺めていると、頭の中が音楽を奏で始める。ハーバートという作曲家のチェロ協奏曲。ソリストは大好きなチェロ奏者、その人柄を誰もが称えるヨーヨー・マ。優美な旋律と温かく深みのあるチェロの音色が海と溶け合う・・・。
大好きな・・といえば、俳優のジョニー・デップの顔も浮かぶ。役ごとにがらりと表情を変える独特の演技に魅了される。おしゃれな着こなしのその腕には、彼の幼い娘さんが作ったというかわいらしいビーズのブレスレット。共演した子役の男の子は、「彼の誰にでも分け隔てなく親切にする姿勢を見習いたい。」と語っていた。
そしてこの記念館の主役。言わずと知れた維新の英雄、坂本龍馬。彼は先見性や行動力だけでなく、心の広さも待ち合わせていた。龍馬を慕っていた志士、陸奥宗光は、頭が良すぎて人を馬鹿にするようなところがあり、嫌われることが多かったとか。しかし龍馬はそういう人でさえも温かく包み込んだ。器の大きな人物だった。龍馬が暗殺される2日前に書き残した手紙は、この陸奥に宛てた、趣味の刀談議。
海を前に勝手に連想しただけの、全くつながりのないこの三人。でもどこか似通っているような・・・。
それは魅力的な人柄とたぐいまれな才能とが相俟ってすばらしいものを生みだしていること!人を感動させ、惹きつけてやまず、勇気づけることさえある。
しかも龍馬は時を超えて・・・。