タイムリープ 2007年9月22日

「タイムリープ」…自分の戻りたい時間に時を戻すこと。
あるアニメ映画に登場するものだが、辞書には載っていなかった。
この映画の大まかなストーリーは、主人公である一人の少女が偶然この便利な能力を得て喜び浮かれ、それを使い時間を行ったり来たりするのだが…。
過去に戻り、起こるはずの出来事を変えてしまったことで、それに関わる他人の人生までも変えてしまい…。結末は切ない気持ちを残すものであった。
自分の人生は自分のものである。しかし、自分の人生であるからと動かした現実が、周りの人間の人生も一緒に変えていることがあるかもしれない。それが、故意であろうとなかろうと、いつの間にか自分だけの人生ではなくなっていることもある。自らのものであり、他人のものでもある。人生とは、そういうもののような気がする。
記念館に、坂本龍馬・中岡慎太郎が暗殺された近江屋の実物大セットがやってきた。ここで、起こった事件でいったい幾人の人生が変わったのだろう。実物大セットに触れ、想像の中で、「タイムリープ」を味わってみようと思う。