龍馬に導かれて 2007年11月14日

『 拝啓龍馬殿
桂浜へ来て龍馬殿と会ったら、つまらないことで悩んでいる自分がなさけなくなりました。
マイペースで頑張っていこうとおもいます。
H5.9.13 東京都 T・H 』

ここには様々な悩みを抱えた人が、龍馬に会いにやってくる。
そして悩みを解決し、スッキリして帰っていく。
龍馬の手紙を読み小さなことにこだわらない性格に触れたり、
眼前に広がる太平洋を見ていると心が晴れてくるのかなとも思うが…、
“龍馬のおかげ”と言うよりは、“龍馬のいる場所”にその理由があるように思う。

最近、自分で色んな所へ旅行に行くようになって、
高知からはどこへ行くにもものすごく時間がかかることを実感している。
飛行機やバスの直行便も少なく、色んな乗り物を乗り継いで行かなければならない。
可愛い甥っ子に会いに山口へ行くには、JRと新幹線を乗り継いで4時間半!

一人で車窓からの景色を眺めていると、本当に色んなことが次々と頭の中に浮かんでくる。
考える時間はたっぷりある。

全国各地からそれぞれに深い悩みを抱えて、龍馬に会いにやってくる人たちも、
この高知までの遠い道のりの中で、龍馬と話をする気持ちで“自問自答”し、
桂浜に到着する頃には、自分なりの答えを見つけているのではないだろうか。

でもそれは、現代の悩める人々に、
自分と向き合ってゆっくりと考える時間を与えるため、
龍馬がこの地へと導いているのかもしれない。