カムサハムニダ 2008年3月4日

「カムサハムニダ」韓国語で「ありがとう」という意味だ。
最近、記念館を訪れた韓国人観光客の方にそう言われた。日本語でなくとも意味さえわかっていれば、言われた時うれしい。韓国語を少し知っていて良かったと思った。記念館を訪れる韓国の方は多い。韓流ブームもあって、いまではすっかり身近になった隣国であるが、まだまだその文化には知られざる側面がある。
私も昨今の韓流ブームに乗っている1人なのだが、ここ最近、はまったドラマがある。韓国を初めて統一した実在の人物をもとに描いた歴史ドラマで、なかなか見ごたえのあるものだった。しかし驚くべきことに、このドラマなんと全80話近くある。日本では考えられない放映回数だが、韓国では当たり前のことらしい。当時このドラマが始まる時間帯になると街から人の気配が消えたという。それだけ、皆、自分達の国の歴史に興味があるのだ。
自分達の過去を知ることは今を知ることになり、そして、未来を知ることになると何かで聞いたことがある。たしかにそうかもしれない。過去の歴史を知ることで変えられる今や未来がある。

記念館に勤め始めて歴史をより身近に感じる今日この頃だが、これからもより多くの歴史に触れ過去を知りたいと思う。過去から学べる今を見つけられるように。