イベント
Events

連続講演会〈幕末キーパ ーソン -龍馬をめぐる人々-〉 第1回目「幕末期の徳川慶喜について-山内容堂の存在も視野に入れて-」

終了しました

連続講演会〈幕末キーパ ーソン -龍馬をめぐる人々-〉 第1回目「幕末期の徳川慶喜について-山内容堂の存在も視野に入れて-」

高知県立坂本龍馬記念館では、坂本龍馬や幕末に関する、県内外の研究者による最新の研究成果や知見をご披露いただく「連続講演会」を開催します。今回は「幕末キーパーソン 一龍馬をめぐる人々ー」をテーマとして、幕未期の重要人物5人について、県内外の研究者にご講演いただきます。

第1回目は家近良樹さん(大阪経済大学特別招聘教授)による「幕末期の徳川慶喜についてー山内容堂の存在も視野に入れてー」です。ご期待ください。

【会場】 高知県立坂本龍馬記念館 新館ホール

【定員】 先着100名(高校生以上~一般)

【申込】 電話・FAX・メールでお申し込みください。電話(088-841-0001)FAX(088-841-0015)でのお申し込みの際には、「氏名、住所、電話番号」をお知らせください。メールの場合は件名に「連続講演会聴講希望」とお書きください。もしくは下の「お申し込みはこちら」のフォームからお申し込みください。

【聴講無料】

★当日は当館駐車場が混み合うため、桂浜公園駐車場から当館までの無料送迎タクシーを実施します (11:00~17:00実施予定)。聴講される方は、桂浜公園駐車場をご利用ください。

★講演会を聴講される方には、無料観覧券を進呈いたします。当日設置する受付にてお申し出ください。


◆幕末期の徳川慶喜について-山内容堂の存在も視野に人れて-- 講師 家近良樹さん(大阪経済大学特別招聘教授)

【講師からのメッセージ】
最近、渋沢栄ーが新一万円札の肖像のモデルとなることが発表されました。その渋沢が惚れたのが西郷隆盛といま一人、徳川慶喜でした。本講演では、その慶喜の幕末時の活動について注目すべき点を幾つかお話します。また、山内容堂の存在が、殊の外、慶喜の幕末時の動向と深く関わっていたことも時間の許す範囲内でお話したいと考えています。

【講師プロフィール】

20190622-ietika.jpg

家近良樹さん(大阪経済大学特別招聘教授)

1950年大分県生まれ。同志社大学文学部卒業。同志社大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。中央大学博士(文学)。大阪経済大学教授を経て、現在は同大学特別招聘教授。
主な著書として『幕末政治と倒幕運動』(吉川弘文館、1995年)、『幕末の朝廷」(中公翠書、2007年)、『西郷隆盛と幕末維新の政局』(ミネルヴァ書房、2011年)、『江戸幕府崩壊』(講談社学術文庫、2014年)J老いと病でみる幕末維新』(人文書院、2014年)、『西郷隆盛』(ミネルヴァ書房、2017年)、『歴史を知る楽しみ』(筑摩書房、2018年)など多数。

令和元年度連続講演会チラシ.pdf