イベント
Events

連続講演会〈幕末キーパ ーソン -龍馬をめぐる人々-〉 第4回目「勝海舟と龍馬をめぐる幕臣たち」

募集中

連続講演会〈幕末キーパ ーソン -龍馬をめぐる人々-〉 第4回目「勝海舟と龍馬をめぐる幕臣たち」

高知県立坂本龍馬記念館では、坂本龍馬や幕末に関する、県内外の研究者による最新の研究成果や知見をご披露いただく「連続講演会」を開催します。今回は「幕末キーパーソン 一龍馬をめぐる人々ー」をテーマとして、幕未期の重要人物5人について、県内外の研究者にご講演いただきます。

第4回目は樋口雄彦さん(国立歴史民俗博物館教授)による「勝海舟と龍馬をめぐる幕臣たち」です。ご期待ください。

【会場】 高知県立坂本龍馬記念館 新館ホール

【定員】 先着100名(高校生以上~一般)

【申込】 電話・FAX・メールでお申し込みください。電話(088-841-0001)FAX(088-841-0015)でのお申し込みの際には、「氏名、住所、電話番号」をお知らせください。メールの場合は件名に「連続講演会聴講希望」とお書きください。もしくは下の「お申し込みはこちら」のフォームからお申し込みください。

【聴講無料】

★当日は当館駐車場が混み合うため、桂浜公園駐車場から当館までの無料送迎タクシーを実施します (11:00~17:00実施予定)。聴講される方は、桂浜公園駐車場をご利用ください。

★講演会を聴講される方には、無料観覧券を進呈いたします。当日設置する受付にてお申し出ください。


◆勝海舟と龍馬をめぐる幕臣たち 講師 樋口雄彦さん(国立歴史民俗博物館教授)

【講師からのメッセージ】
坂本龍馬は師である勝海舟の人脈から、あるいはそれ以外の理由により少なからぬ幕臣たちと関係を結びました。武術の対戦相手、海舟門下の同窓生、幕府海軍の関係者、同志的な立場をとった人物、あるいは暗殺者など、海舟とともに龍馬を取り巻いた多様な幕臣たちについて取り上げ、幕府側から見た龍馬像を考えたいと思います。

【講師プロフィール】

20191214-higuti.jpg

樋口雄彦さん(国立歴史民俗博物館教授)

1961年静岡県生まれ。静岡大学人文学部卒業後、沼津市明治史料館に学芸員として勤務。2001年より国立歴史民俗博物館助教授(2007年准教授)、2011年より同館及び総合研究大学院大学
教授。大阪大学博士(文学)。
主な著書に『旧幕臣の明治維新沼津兵学校とその群像』(吉川弘文館、2005年)、『沼津兵学校の研究』(吉川弘文館、2007年)、『静岡学問所』(静岡新聞社、2010年)、『海軍諜報員になった旧尊臣ー海軍少将安原金次自伝ー』(芙蓉書房出版、2011年)、『第十六代徳川家達その後の徳川家と近代日本』(祥伝社、2012年)、『敗者の日本史17 箱館戦争と榎本武揚』(吉川弘文館、2012年)、『人をある< 勝海舟と江戸東京』(吉川弘文館、2014年)、『幕臣たちは明治維新をどう生きたのか』(洋泉社、2016年)など。

令和元年度連続講演会チラシ.pdf