海のみえる・ぎゃらりい
Gallery

「龍馬脱藩 維新へつながる土佐の道」展

只今開催

「龍馬脱藩 維新へつながる土佐の道」展

期間:2022年4月16日(土)~ 2022年6月25日(土) 

場所:本館2階 海の見える・ぎゃらりい

文久2年に龍馬が脱藩した時から、今年は160年にあたります。

それにちなみ、新館では企画展「龍馬脱藩160年 維新へつながる土佐の道」展を開催しています。脱藩当時の龍馬の手紙や幕末に交流のあった志士らの手紙をはじめ貴重な歴史資料群で、龍馬の脱藩を中心に江戸時代の土佐の道や旅の事情を幅広く紹介しています。

本館の「海の見える・ぎゃらりい」では、同企画展に連動する形で、龍馬の脱藩にゆかりのある津野町、梼原町などの史跡を紹介する他、ご当地の今の代表的な観光スポットも画像などで紹介します。

津野町は、星空や森林などの美しい自然で知られる町です。梼原町は「雲の上のまち」といわれるほど標高の高い地にあり、近年は隈研吾氏の建築群でも注目を集めています。

また、特別企画として、高校生による観光動画コンテスト「観光甲子園2021」の「SDGs修学旅行部門」でグランプリを受賞した高知県立檮原高校の動画を紹介します。

「坂本龍馬が日本を変えたいと土佐を脱藩した強い思いを受け継ぎ、その脱藩の道を中心に現在注目されている"SDGs"のエッセンスを加えた作品(山下聖同校教諭)」で、「日本をせんたく」という龍馬の有名なことばに注目し、「現代の皆さんの考え方を『せんたく=洗濯=選択』したいと願い、その強い気持ちを表現した(同教諭)」そうです。檮原高校のみなさんの熱い情熱と志を動画から感じていただければ幸いです。

この展示をご覧いただき、龍馬脱藩の頃の佇まいを残す史跡の他、津野町や梼原町をはじめご当地エリアの観光スポットにも足を運んでいただければと思います。