企画展
Exhibition

特別展「薩摩と土佐-雄藩がたどった近代化の道-」展

次回開催

特別展「薩摩と土佐-雄藩がたどった近代化の道-」展

幕末維新期に重要な政治的リーダーであった薩摩と土佐は、ともに「雄藩」と呼ばれ、人的交流も多い。本展では、帰国時に薩摩藩の取調を受け、同藩の開成所教授に招かれたジョン万次郎(中濱万次郎)、吉田東洋暗殺後、薩摩藩士として英国に留学した高見弥市(大石団蔵)、薩摩藩の庇護を受け、薩長同盟の仲立ちをした坂本龍馬の3人の土佐人を軸に、両藩が明治維新において果たした役割を再考したい。〈国指定重要文化財を展示予定〉

【関連イベント】
◇講演会「幕末の薩摩」講師:松尾千歳氏(尚古集成館館長)

日 時:2020年11月14日(土)13:30~
会 場:高知県立坂本龍馬記念館・新館1Fホール
定 員:50人(無料、要申込、先着順)
※電話・FAX・HPにてお申込みください

◇担当学芸員によるギャラリートーク(展示解説)

2020年10月17日(土)、12月5日(土)各14:00~
申込不要、直接企画展示室にお越しください。

薩摩と土佐チラシ.pdf