イベント
Events

連続講演会〈坂本龍馬とその時代〉 第3回目「中岡慎太郎が歴史に名前を残した理由」

募集中

連続講演会〈坂本龍馬とその時代〉 第3回目「中岡慎太郎が歴史に名前を残した理由」

県内外の研究者の方々に最新の研究成果や知見をご披露いただき、多くの方に、坂本龍馬や幕末を中心とした歴史研究への興味、関心を深めていただけるよう「連続講演会〈坂本龍馬とその時代〉」を開催いたします。
第3回目は豊田満広さん(中岡慎太郎館 係長・学芸員)による「中岡慎太郎が歴史に名前を残した理由」です。ご期待ください。

【会場】 高知県立坂本龍馬記念館 新館ホール

【定員】 先着100名(高校生以上~一般)

【申込】 電話・FAX・メールでお申し込みください。電話(088-841-0001)FAX(088-841-0015)でのお申し込みの際には、「氏名、住所、電話番号」をお知らせください。もしくは下の「お申し込みはこちら」のフォームからお申し込みください。

【聴講無料】

★当日は桂浜公園駐車場から当館までの無料送迎タクシーを実施しますので、できる限り、ご利用ください。(11時~17時頃実施予定)

★講演会を聴講される方には、無料観覧券を進呈いたします。当日、設置する受付にてお申し出ください。



◆中岡慎太郎が歴史に名前を残した理由 講師 豊田満広さん(中岡慎太郎館 係長・学芸員)

【講師からのメッセージ】

高知県北川村出身の幕末の志士中岡慎太郎。世間では、坂本龍馬の「相棒」、近江屋で龍馬と一緒に殺された人、として取り上げられます。そして、明治時代以降につくられた歴史書では、龍馬と慎太郎は土佐を代表する英雄として並び称されています。
本講座では、慎太郎の活躍をたどりながら、慎太郎が、龍馬と並び称される形で、歴史に名前を残した理由をたどります。


【講師プロフィール】

20181124-toyota.jpg

豊田満広さん(中岡慎太郎館 係長・学芸員)

幕末政治史を専門に研究。1999年より北川村立中岡慎太郎館学芸員として勤務。主な論文に「土佐藩の大政奉還論決定過程について」(『土佐史談』223号〈2003年〉)「『時勢論』からみた中岡慎太郎」(『霊山歴史館紀要』第16号〈2003年〉)など。北川村立中岡慎太郎館では企画展「幕長戦争-徳川幕府崩壊の引き金」展(2016年)、「中岡慎太郎と陸援隊」展(2005年)など(いずれも北川村立中岡慎太郎館)を担当。また、NHK大河ドラマ『龍馬伝』にも企画委員として関わった。

連続講演会チラシ.pdf