イベント
Events

募集中

連続講演会〈幕末キーパ ーソン -龍馬をめぐる人々-〉 第5回目「容堂の言菓-書状にみる政治観・人生観-」

高知県立坂本龍馬記念館では、坂本龍馬や幕末に関する、県内外の研究者による最新の研究成果や知見をご披露いただく「連続講演会」を開催します。今回は「幕末キーパーソン 一龍馬をめぐる人々ー」をテーマとして、幕未期の重要人物5人について、県内外の研究者にご講演いただきます。

第5回目は渡部淳さん(高知県立高知城歴史博物館館長)による「容堂の言菓-書状にみる政治観・人生観-」です。ご期待ください。

【会場】 高知県立坂本龍馬記念館 新館ホール

【定員】 先着100名(高校生以上~一般)

【申込】 電話・FAX・メールでお申し込みください。電話(088-841-0001)FAX(088-841-0015)でのお申し込みの際には、「氏名、住所、電話番号」をお知らせください。メールの場合は件名に「連続講演会聴講希望」とお書きください。もしくは下の「お申し込みはこちら」のフォームからお申し込みください。

【聴講無料】

★当日は当館駐車場が混み合うため、桂浜公園駐車場から当館までの無料送迎タクシーを実施します (11:00~17:00実施予定)。聴講される方は、桂浜公園駐車場をご利用ください。

★講演会を聴講される方には、無料観覧券を進呈いたします。当日設置する受付にてお申し出ください。


◆容堂の言菓-書状にみる政治観・人生観- 渡部淳さん(高知県立高知城歴史博物館館長)

【講師からのメッセージ】
明治維新百年を間近に控えた1966(昭和41)年1月、近代史家の平尾道雄(1900-1979)は維新史の再検討が各方面から期待されていることを強く意識して、高知地方史研究会編「土佐群書集成」(高知市民図書館)の第5巻として「山内公遺翰」(上)(下)を発刊しました。その中から、容堂が盟友松平春嶽や伊達宗城に宛てた書状を読み解き、幕末政治に重きをなした容堂こと、土佐藩十五代藩主山内豊信の政治観や人生観、趣味と教養を紹介します。

【講師プロフィール】

渡部淳さん(高知県立高知城歴史博物館館長)

1962年生まれ。名古屋大学大学院(史学・地理学専攻)博士後期課程修了。日本近世史専門。土佐山内家宝物資料館学芸員、副館長、館長を経て、2016年より高知県立高知城歴史博物館館長。(公財)土佐山内財団理事。
主な著書に『検証・山内一豊伝説「内助の功」と「大出世」の虚実』(講談社現代新書、2005年)、『大学的高知ガイドーこだわりの歩き方』(共著、昭和堂、2019年)など、論文に「豊後国元禄国絵固の村について」「九州筑紫·松浦領における豊臣刀狩令の年紀比定」(いずれも田本歴史』)など。

令和元年度連続講演会チラシ.pdf

募集中

高知県立坂本龍馬記念館カルチャーサポーターを募集します

高知県立坂本龍馬記念館では、来館者の方へのサービスの充実をさらにはかるため、カル...

募集中

講演会「長宗我部氏と浦戸城」

企画展「長宗我部遺臣と土佐の郷士」展関連イベントとして、講演会「長宗我部氏と浦戸城」を開催します。講師は高知県立埋蔵文化財センター所長松田 直則さんです。

日 時:2020年2月15日(土)13:30~15:00
会 場:高知県立坂本龍馬記念館・新館1Fホール
定 員:100人(無料、要申込、先着順)

★当日、ご来館には、なるべくバスをご利用くださいますようお願いいたします。(とさでん交通「桂浜」行き、またはMY游バス乗車、「龍馬記念館前」下車、徒歩2分)

お車でお越しの場合は、桂浜公園駐車場(1日400円)に駐車くださいますよう、お願いいたします。桂浜公園駐車場から当館までは無料送迎タクシーを実施していますのでご利用ください。
【運行時間】11時~17時 【桂浜発】11:00~15:30 【記念館発】始発は桂浜発の帰り~16:30

★講演会を聴講される方には、受付時に無料観覧券を進呈いたします。(当日限り有効)

【お申込方法】
電話・FAX・メールでお申し込みください。
電話(088-841-0001)FAX(088-841-0015)でのお申し込みの際には、「氏名、住所、電話番号」をお知らせください。
もしくは下の「お申し込みはこちら」のフォームからお申し込みください。

募集終了

連続講演会〈幕末キーパ ーソン -龍馬をめぐる人々-〉 第4回目「勝海舟と龍馬をめぐる幕臣たち」

高知県立坂本龍馬記念館では、坂本龍馬や幕末に関する、県内外の研究者による最新の研究成果や知見をご披露いただく「連続講演会」を開催します。今回は「幕末キーパーソン 一龍馬をめぐる人々ー」をテーマとして、幕未期の重要人物5人について、県内外の研究者にご講演いただきます。

第4回目は樋口雄彦さん(国立歴史民俗博物館教授)による「勝海舟と龍馬をめぐる幕臣たち」です。ご期待ください。

【会場】 高知県立坂本龍馬記念館 新館ホール

【定員】 先着100名(高校生以上~一般)

【申込】 電話・FAX・メールでお申し込みください。電話(088-841-0001)FAX(088-841-0015)でのお申し込みの際には、「氏名、住所、電話番号」をお知らせください。メールの場合は件名に「連続講演会聴講希望」とお書きください。もしくは下の「お申し込みはこちら」のフォームからお申し込みください。

【聴講無料】

★当日は当館駐車場が混み合うため、桂浜公園駐車場から当館までの無料送迎タクシーを実施します (11:00~17:00実施予定)。聴講される方は、桂浜公園駐車場をご利用ください。

★講演会を聴講される方には、無料観覧券を進呈いたします。当日設置する受付にてお申し出ください。


◆勝海舟と龍馬をめぐる幕臣たち 講師 樋口雄彦さん(国立歴史民俗博物館教授)

【講師からのメッセージ】
坂本龍馬は師である勝海舟の人脈から、あるいはそれ以外の理由により少なからぬ幕臣たちと関係を結びました。武術の対戦相手、海舟門下の同窓生、幕府海軍の関係者、同志的な立場をとった人物、あるいは暗殺者など、海舟とともに龍馬を取り巻いた多様な幕臣たちについて取り上げ、幕府側から見た龍馬像を考えたいと思います。

【講師プロフィール】

20191214-higuti.jpg

樋口雄彦さん(国立歴史民俗博物館教授)

1961年静岡県生まれ。静岡大学人文学部卒業後、沼津市明治史料館に学芸員として勤務。2001年より国立歴史民俗博物館助教授(2007年准教授)、2011年より同館及び総合研究大学院大学
教授。大阪大学博士(文学)。
主な著書に『旧幕臣の明治維新沼津兵学校とその群像』(吉川弘文館、2005年)、『沼津兵学校の研究』(吉川弘文館、2007年)、『静岡学問所』(静岡新聞社、2010年)、『海軍諜報員になった旧尊臣ー海軍少将安原金次自伝ー』(芙蓉書房出版、2011年)、『第十六代徳川家達その後の徳川家と近代日本』(祥伝社、2012年)、『敗者の日本史17 箱館戦争と榎本武揚』(吉川弘文館、2012年)、『人をある< 勝海舟と江戸東京』(吉川弘文館、2014年)、『幕臣たちは明治維新をどう生きたのか』(洋泉社、2016年)など。

令和元年度連続講演会チラシ.pdf

募集終了

史跡巡り「長宗我部元親と龍馬 土佐の歴史を満喫!」

史跡巡り「長宗我部元親と龍馬 土佐の歴史を満喫!」を開催します。
史跡の説明を聞きながら、約7kmのウォーキングを楽しみ、企画展「長宗我部遺臣と土佐の郷士」(令和元年12月21日~令和2年4月5日)への関心を深めていただきます。

【日時】
令和元年12月15日(日)8:15高知駅集合 14:00頃 県立坂本龍馬記念館解散
小雨決行(荒天が予想される場合は前日15時までに決定、ご連絡いたします。)

【行程】
高知駅―(路線バス)―長浜下車-①雪蹊寺・秦神社-②鶴田塾跡―③若宮八幡宮・長宗我部元親初陣像―④長宗我部元親墓所-⑤六体地蔵-⑥浦戸城跡―⑦桂浜荘・県立坂本龍馬記念館(昼食・館内自由見学)

【対象・募集人数】
一般・20名

【参加費】
1300円(昼食代・保険料)
高知駅からとさでん交通バス「長浜」までのバス運賃が別途必要(片道510円)

【案内】
野本亮さん(高知県立歴史民俗資料館 前学芸課長)

【お申込方法】
電話・FAX・メールでお申し込みください。
電話(088-841-0001)FAX(088-841-0015)でのお申し込みの際には、「氏名、住所、電話番号」をお知らせください。
もしくは下の「お申し込みはこちら」のフォームからお申し込みください。

史跡巡り「長宗我部元親と龍馬 土佐の歴史を満喫!」チラシ.pdf