イベント
Events

今後開催

リニューアルオープン記念・創作能「龍馬」

創作能「龍馬」は坂本龍馬脱藩がテーマで、台詞も現代語に近いものであることから、能楽を初めてみる方にも親しみやすい作品です。「能楽を一度見てみたいけど、難しいのでは?」という方におすすめです。

創作能「龍馬」は、平成15年に高知県立美術館で開催された展覧会「河田小龍 幕末土佐のハイカラ画人」展の関連企画として初演されました。能作・演出は河田小龍の曾孫であり、金剛流能楽師の宇高通成師が手がけています。

今回は15年ぶりの高知での再演です。多くの方のご来場をお待ちしています。

【会場】高知県立美術館能楽堂(〒781-8123 高知市高須353-2)

【入場料】前売1,800円(当日2,000円)★全席自由

【前売券販売所】高知県立坂本龍馬記念館ミュージアムショップ、高知県立美術館ミュージアムショップ、高新プレイガイド、高知大丸

チラシ(表)

チラシ(裏)

〈番組〉

〇解説 宇高通成

〇狂言「附子」 野村万蔵 野村万禄 山本豪一 

〇創作能「龍馬」 宇高通成 種田道一 宝生欣哉 野村万禄

〈創作能「龍馬」初演時の舞台より〉 *画像提供:高知県立美術館

syoen2-s.jpg  

syoen3-s.jpg

syoen4-s.jpg

syoen5-s.jpg

募集中

連続講演会〈坂本龍馬とその時代〉 第1回目「慶応3年の坂本龍馬と『船中八策』」

県内外の研究者の方々に最新の研究成果や知見をご披露いただき、多くの方に、坂本龍馬や幕末を中心とした歴史研究への興味、関心を深めていただけるよう「連続講演会〈坂本龍馬とその時代〉」を開催いたします。
第1回目は知野文哉さん(歴史研究家)による「慶応3年の坂本龍馬と『船中八策』」です。ご期待ください。

【会場】 高知県立坂本龍馬記念館 新館ホール

【定員】 先着100名(高校生以上~一般)

【申込】 電話・FAX・メールでお申し込みください。電話(088-841-0001)FAX(088-841-0015)でのお申し込みの際には、「氏名、住所、電話番号」をお知らせください。もしくは下の「お申し込みはこちら」のフォームからお申し込みください。

【聴講無料】

★当日は桂浜公園駐車場と当館の間の無料送迎タクシーをご用意する予定です(11時30分~17時頃運行予定)。

★講演会聴講の方は、受付後に無料観覧券(当日限り有効)を進呈いたします。



◆慶応3年の坂本龍馬と「船中八策」 講師:知野文哉さん(歴史研究家)

【講師からのメッセージ】

平和革命を目指した龍馬が後藤象二郎に「船中八策」を示し、それが最終的に徳川慶喜の大政奉還へとつながったというエピソードは有名です。しかし慶応3年の龍馬の動きを追ってみると、龍馬は決して武力行使を否定していなかったことがわかります。寧ろ龍馬にとって大政奉還はあくまでも幕府を倒す手段のひとつに過ぎず、土佐が薩長に取り残されないことこそが大事だったと考えられます。では「船中八策」伝説とは何だったのでしょうか。皆さんと考えてみたいと思います。

【講師プロフィール】

知野文哉さん(歴史研究家)

1967年熊本県出身。少年時代からの坂本龍馬好きが高じ、会社勤めの傍、佛教大学通信教育課程に在籍し、明治維新史の研究にあたる。2013年に上梓した『「坂本龍馬」の誕生―船中八策と坂崎紫瀾―』(人文書院)で、「船中八策」がフィクションだったとの仮説を論証し、第24回高知出版学術賞を受賞した。

chino(002)s2.jpg(講師近影)

連続講演会 第1回・知野文哉さんチラシ.pdf

終了しました

第4回ジョン万次郎英語弁論大会

会場:高知県立坂本龍馬記念館 新館ホール

詳しくはコチラから(土佐ジョン万会ホームページ)

第4回ジョン万次郎英語弁論大会チラシ.pdf

20180724113856637.jpg

終了しました

夏休み子どもフォーラム「幕末タイムスリップ "龍馬と慎太郎"バスツアー」

今年は明治維新150年。新しい日本が始まった年です。
今から150年前、この高知県には、新しい日本をつくろうとがんばった人がたくさんいました。坂本龍馬や北川村の中岡慎太郎もそのひとりです。
2人は幕末にどんな活躍をしたのでしょうか?そして、2人はどんな子どもだったのでしょう?どうして、新しい国づくりをがんばろうと思ったのでしょうか?今年の「夏休み子どもフォーラム」では、中岡慎太郎の生まれた北川村で、龍馬と慎太郎、2人の子ども時代のお話をきき、「巻き物」にまとめてみよう!

■行程
9:00 高知駅集合
10:00 芸西村文化資料館(「おりょうの生涯」展見学)
12:00 中岡慎太郎館(北川村)/ 昼食・見学・お話
15:00 中岡慎太郎館出発
16:30 高知駅着・解散

■参加費 無料

■申し込み方法 電話・FAX・メール・ホームページからお申込みください。「参加される方のお名前・学年・ご住所・お電話番号」を明記してください。このページ下部にある「お申し込みはコチラ」からお申し込みの場合は、メッセージの項目に「複数で参加される場合はそれぞれのお名前、学年」を明記してください。
※7月24日(火)から受付します。定員になり次第、締め切ります。

■対象 小学校5,6年生、中学生
※保護者の方1名もご参加いただけます。2名以上のお子様が参加される場合も保護者の方の参加は1名でお願いいたします。

■定員 30名(先着順)
※参加される保護者の方も人数に数えます。

■持ち物 飲み物・筆記用具

■注意事項
※昼食はこちらで用意しますが、食物アレルギーなどがある方は事前にご相談ください。
※参加決定の方には詳細な行程等を別途お知らせいたします。

◇中岡慎太郎 1838(天保9)年∼1867(慶応3)年
現在の高知県安芸郡北川村に生まれる。薩摩藩と長州藩の間を行き来して、両藩を調整するなど、薩長同盟成立に尽力した他、新しい国づくりの考えを「時勢論」にまとめるなど、新しい日本にむけて奔走した。龍馬とともに京都で暗殺され、命をおとした。

【主催・お問合せ先・お申し込み先】
高知県立坂本龍馬記念館 〒781-0262 高知市浦戸城山830 
TEL(088)841‐0001 FAX(088)841-0015
メール ryoma@ryoma-kinenkan.jp

【協力】中岡慎太郎館(北川村)
【助成】平成30年度高知県教職員互助会助成事業

子どもフォーラムチラシ.pdf

終了しました

夏休み子ども教室②「お侍さんに変身!刀をつくろう!」

坂本龍馬や江戸時代のお侍さんは「刀」をとっても大切にしていました。
紙やアルミホイルなど身近な材料で「刀」をつくって、お侍になってみよう!

会場 高知県立坂本龍馬記念館 新館ホール
対象・定員  小学生(小学生1名につき、刀1本)/各回先着15名
講師 なかひらじゅんこさん(美術作家)

※参加は無料ですが、事前申込が必要です。
★申し込み方法★
〇お電話・FAX・メール・ホームページからお申込みください。「参加される方のお名前・学年・ご住所・お電話番号」を明記してください。
このページ下部にある「お申し込みはコチラ」からお申し込みの場合は、メッセージの項目に「複数で参加される場合はそれぞれのお名前、学年」を明記してください。
〇どちらも定員になりしだい締め切ります。

★ご来館についてのお願い★
〇土日は一般車両の駐車場がたいへん混み合います。ご来館には、なるべくバスをご利用くださいますようお願いいたします。(とさでん交通「桂浜」行き、またはMY遊バス乗車、「龍馬記念館前」下車、徒歩2分)
〇当館駐車場が満車の場合は、恐れ入りますが、桂浜駐車場(1日400円)をご利用くださいますようお願いいたします。

【お問合せ・申し込み先】
高知県立坂本龍馬記念館 〒781-0262 高知市浦戸城山830
TEL 088-841-0001 FAX 088-841-0015 
メール ryoma@ryoma-kinenkan.jp

刀をつくろう!チラシ.pdf