イベント
Events

連続講演会〈幕末キーパ ーソン -龍馬をめぐる人々-〉 第5回目「容堂の言菓-書状にみる政治観・人生観-」

募集中

連続講演会〈幕末キーパ ーソン -龍馬をめぐる人々-〉 第5回目「容堂の言菓-書状にみる政治観・人生観-」

高知県立坂本龍馬記念館では、坂本龍馬や幕末に関する、県内外の研究者による最新の研究成果や知見をご披露いただく「連続講演会」を開催します。今回は「幕末キーパーソン 一龍馬をめぐる人々ー」をテーマとして、幕未期の重要人物5人について、県内外の研究者にご講演いただきます。

第5回目は渡部淳さん(高知県立高知城歴史博物館館長)による「容堂の言菓-書状にみる政治観・人生観-」です。ご期待ください。

【会場】 高知県立坂本龍馬記念館 新館ホール

【定員】 先着100名(高校生以上~一般)

【申込】 電話・FAX・メールでお申し込みください。電話(088-841-0001)FAX(088-841-0015)でのお申し込みの際には、「氏名、住所、電話番号」をお知らせください。メールの場合は件名に「連続講演会聴講希望」とお書きください。もしくは下の「お申し込みはこちら」のフォームからお申し込みください。

【聴講無料】

★当日は当館駐車場が混み合うため、桂浜公園駐車場から当館までの無料送迎タクシーを実施します (11:00~17:00実施予定)。聴講される方は、桂浜公園駐車場をご利用ください。

★講演会を聴講される方には、無料観覧券を進呈いたします。当日設置する受付にてお申し出ください。


◆容堂の言菓-書状にみる政治観・人生観- 渡部淳さん(高知県立高知城歴史博物館館長)

【講師からのメッセージ】
明治維新百年を間近に控えた1966(昭和41)年1月、近代史家の平尾道雄(1900-1979)は維新史の再検討が各方面から期待されていることを強く意識して、高知地方史研究会編「土佐群書集成」(高知市民図書館)の第5巻として「山内公遺翰」(上)(下)を発刊しました。その中から、容堂が盟友松平春嶽や伊達宗城に宛てた書状を読み解き、幕末政治に重きをなした容堂こと、土佐藩十五代藩主山内豊信の政治観や人生観、趣味と教養を紹介します。

【講師プロフィール】

渡部淳さん(高知県立高知城歴史博物館館長)

1962年生まれ。名古屋大学大学院(史学・地理学専攻)博士後期課程修了。日本近世史専門。土佐山内家宝物資料館学芸員、副館長、館長を経て、2016年より高知県立高知城歴史博物館館長。(公財)土佐山内財団理事。
主な著書に『検証・山内一豊伝説「内助の功」と「大出世」の虚実』(講談社現代新書、2005年)、『大学的高知ガイドーこだわりの歩き方』(共著、昭和堂、2019年)など、論文に「豊後国元禄国絵固の村について」「九州筑紫·松浦領における豊臣刀狩令の年紀比定」(いずれも田本歴史』)など。

令和元年度連続講演会チラシ.pdf